番外編・マイニングで不労所得って実際どうなの?2回目

ビットコイン トレードグランプリ

仮想通貨のマイニングに挑戦! 第二回

さて! 今回は・・・

前回挑戦してみようと思ったものの

グーグル先生の力だけでは「なんか難しそう」で終わったマイニングについて、

これは有識者に聞いた方がはええな ということで、

知り合いのマイニングプロに片っ端から聞いてみる!という回です。


井上「マイニングしてみたい」

友「すれば?」

井上「できない!」

友「・・・・」

 

と、丁寧なあいさつを皮切りに会話がスタートしたわけですが、

とにかく一番気になってる事を聞いてみました。


井上「初期投資いくら必要で、いくら増えるの??」

 

もちろん趣味でマイニングをするわけではないので、

これが一番気になる所です。

以下、()の中は私の心の声です

 

友「電気代は1日800円ぐらいとして1080(謎)を6枚(枚?)刺したら、

こんな感じのログになるから(ふむ…)

月60枚1枚1500で計算して 60×1500-800×30=66000(あれ?)

機器代が60万弱のセットで月に6万くらいずつだね。(あれれ・・?)

 

なるほ・・・ど? あれ? むっちゃ良くない?!

複利計算ではないとはいえ月に1割増えて10か月でペイできて・・・

ってペイとかじゃなくて、機材そのものは摩耗するわけではないし最悪売れる?

ってことは・・・

井上「単純に500万出せば月収50万キープなの??」

井上「もうそれでいいじゃん!!卒業!!

友「いや、量を増やすとなると電気容量や空調の関係で難しい」

 

なるほど、さすがにMAXのキャパは限られているわけか・・・

井上「じゃあXRPが10万円になったらアイルランドに工場(以下略」

というたわごとが始まった所で会話パーツは終了としまして…


これはもしかしたら、本当にやる価値があるんじゃないか?

と感じているのですが、いかがでしょうか?

 

なんといっても、利率。

月に10%って、どれくらいの事なのか。

これ、郵便局の定額貯金の金利なんですけど・・・

年に!!なんと!!0.01%!

100万円預けて1年待ったら100円増えます!!

あほか?

郵便局まで預けに行く手間で100円かかるから実質ただの赤字な上に、

100万円凍結される機会損失が大きすぎます。

でも、実際こんなもんなんですよね。金利って。

預けてたらお金が増えるような時代はもう終わったんでしょう。

そんな中でこの「月に10%」っていうマイニング。

これは本当に異常事態なわけです。

 

しかしマイニングにも弱点があるのは先ほどお伝えした通り。

電気容量?や空調?の関係で、投資できる金額に上限があるらしいです。

こうなってくると、その上限が気になりますよね。

貯金してるくらいなら全部これに突っ込んだほうがいいのは明らかなので。

 

というわけで、次回は

 

【実際に設置してみる場合】を前提に、

どのような条件下でMAXいくらの不労収入?を得ることが出来るのか!

 

ここをしっかり聞いていきたいと思います。

 

ご読了ありがとうございました。


【↓必ずお読みください↓】

投資は自己責任 というつもりはありません。

私が紹介した投資(取引所)で何かしら損害を負った方からは

それなりに冷たい目で見られる、もしくは罵声を浴びる、

時には返済??を要求される事があるものと考えています。

ただ、その際には何度も申し上げておりますように必ず【余剰金】の範囲での投資を

大前提としていただけるよう、切にお願い申し上げます。

お前のせいで負けたわ!!! と言われて

間違った紹介してすまん!失敗した!!俺も負けたけどそのうち奢るし飲みにでもいこかw 

と、この程度で(気持ちが)済む範囲の投資による苦情や罵声なら

いくらでもこちらの責任にしていただいて結構です。

が、明らかに余剰を超えた投資で人生に傷を負った事などを

いくらこちらのせいにされても、正直、どうしようもありません。

その点だけはご留意のほど、仮想通貨取引を楽しんでいただければ幸いです。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA